まるで空を飛んでいるかのような、アオウミガメ。
ずっとずっと上の方までのぼっていきました。