• Img_7173
  • Img_4553
  • Img_5388
  • Img_5404
  • Img_5745
  • Img_0894
  • Img_2680
  • Img_20121014_175615
  • Img_3904
  • Img_3906

« 北九州ギラヴァンツ? | トップページ | 夜明け »

旅log≪ベトナムの巻≫

2005年1月、当時の同僚4人で行ったベトナムはホーチミン

Photo_2

まず驚いたのが、このバイクの量

排気ガスを避けるためか、マスクとサングラスの装着率高し

前後に子供を乗せた『3人乗り』は当たり前で、たまに4人乗りなんてのも

信号なんて、あって無いようなものだし・・・・

初めは道路を横断するのが恐ろしくて、ワーキャー言いながら必死の横断

地元の人が渡るのにくっついて行ってたら、なんとなく要領が分かってきて、

最終的にはスイスイ渡っていたのを思い出します

Photo_3

街並みはフランス領だった頃の名残が強く、

至る所でフランス様式の建築物を目にします。(↑写真は人民委員会庁舎)

私達が宿泊したマジェスティックホテルも『白亜のコロニアル建築』でした

Photo_4

街には可愛い雑貨屋さんやスイーツのお店が沢山

Photo_5

ホーチミンが『女性に人気の観光地』というのにも納得です

Photo_6

↑写真はベトナムの代表的な屋台フード『バインミー』)

料理には大抵、パクチーなどの香草がモリッと入っています

メンバーのうち2人がパクチー苦手で、毎回苦戦しておりました

伝統的なベトナム料理店やオシャレなカフェ、地元の人が集う屋台などなど・・・・

とにかくお腹いっぱい食べ歩いた旅でした

Photo_7

そして私達が燃えたのが、ベンタイン市場での値段交渉

初日は何を見ても安く感じていましたが、徐々にベトナムの物価に慣れてくると、

日本人相手にふっかけてくる店員さんに負けてはおれん

かなり体力も消耗しますが、値下げ交渉がうまくいくと嬉しいものですね

Photo_8

そして、ベトナムと言えば・・・・『アオザイ』です

私達も記念にオーダーメイドでアオザイをゲットしました

↑写真は出来たてのアオザイを着て、ホテル屋上のバーにて)

ベトナムではアオザイだけでなく、普段着もオーダーメイドが人気です

お気に入りの雑誌やカタログを見せるだけで、

ワンピースやジャケット、なんでも自分の身体にぴったりに作ってくれます

おまけに、日本では考えられないような安さ

夢中になって、1日中お店に居座ったのも無理はありません

Photo_9

せっかくなので、観光も楽しもう

・・・・という事で、現地で発見したメコン河のツアーにも参加しました

これまた『ザ・ベトナム』といった風景が延々と広がっていました

南国フルーツをこれでもかというほど食べ(やはりここでも『食』は外せません!!)、

お菓子作りを体験したり、なぜか蜂の巣や大蛇を触らせられたり・・・・・

色んな意味でお腹いっぱいの満足ホーチミンの旅でした

次回(多分)宮古島の巻、お楽しみに~

【おまけ】

ツアー参加の日の朝。

『他の2人もちゃんと起きたかな?』などと心配しながら同室の友人と出掛ける準備

やけに外が暗いな~とは思っていましたが・・・・・

はい、やっちゃいました

時差を考慮せずに目覚ましをセットしてしまった私達2人

出発の2時間前に準備完了~

これから寝るのも勿体ないし・・・・という事で、夜明け前のお散歩へ

思いがけず、サイゴン川に上る日の出を拝めたのでした

Photo_10

« 北九州ギラヴァンツ? | トップページ | 夜明け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州ギラヴァンツ? | トップページ | 夜明け »