• Img_3906
  • Img_3904
  • Img_20121014_175615
  • Img_2680
  • Img_0894
  • Img_5745
  • Img_5404
  • Img_5388
  • 53008415_2565901663426489_531375296
  • 53352619_2565901656759823_727728876

« 旅log ≪ケニアの巻≫ | トップページ | 気合いと根性? »

旅log≪ケニアの巻≫その②

さて、いよいよケニアにやってきました

私達のガイド兼通訳を務めてくれたのが、ケニア人のチャールズです

チャールズはスワヒリ語と別に自分の民族の言葉も操り、

更に英語も日本語もペラペラ・・・・というイケメンケニア人でした

私達3人ともすぐに打ち解け、すっかり仲良しになりました

初めは日本語+英語でやり取りしていたのですが、

せっかくケニアに来たんだからと、スワヒリ語を教えてもらうことに

発音が簡単なのと、言葉の響きが可愛いのとで、徐々に覚えられましたよ

Photo

↑街を離れると、こんな凸凹道が延々と続きます

にも関わらずジープで超アグレッシブな運転のドライバーさん

結果、車内でずっとジャンプ状態ということになります

最初こそワーキャー騒いで楽しんでましたが、

何時間もこれが続くと・・・・・途中から無言でひたすらポヨーンポヨーン

チャールズいわく『セカイイチ ワル~イ ミチ』だとか・・・・それも納得

Photo_2

↑ロッジのお部屋はこんな感じで、とっても快適でした

Photo_3

↑ロッジ中庭からの景色

すぐそばまで動物達がやってきます

というより、私達が動物の世界にお邪魔している・・・・と言った方が正解ですが

Photo_4

↑ロッジのプールで泳いでる人も結構いました

Photo_5

↑これは2つ目のロッジに移動した時に撮った写真ですね

左はドライバーさん(名前が出てこない。。)で、右がチャールズです

ケニア滞在の6日間、みっちり私達のお世話をしてくれました

移動がない時は、基本的にサファリへ出掛けます

動物園や日本のサファリパークのように、

決まった場所に決まった動物がいるわけではありません

見えるのはひたすら続く地平線・・・・という広大な自然の中、

ドライバーさんの長年の経験と勘で動物を探します

Photo_6

↑あんな遠くにキリンの群が

地平線上をゆっくりゆっくり進んでゆくのを見ていて、なぜか泣けてきました

Photo_7

↑こぉんな近くで見れることもあります

Photo_8

↑マサイキリンは、網目キリンより模様が複雑です

人間なんかお構いなしで悠然と歩く姿は、どこか誇らし気です

Photo_9

↑これはトッピィという動物。

いつ見ても下向き加減なのが、なんだか憂鬱そうに見えて面白かった

Photo_10

遠くにいるゾウの群をチャールズより先に発見した私・・・・

「アナタ ホントニ メガ イイデスネ~」と言われ友人に爆笑されました

ゾウの群の近くで車を停め、エンジンを切ると・・・・

聞こえるのはゾウの息遣いと草を食む音、それから風の音だけ

なんだかとっても神聖な時間でした

3日間でとにかく沢山の動物と遭遇することができました。

シマウマ、バッファロー、インパラ、トムソンガゼル、グランドガゼル、

キリン、ウォーターバック、いぼいのしし、サイ、ハゲタカ、鷲、

トッピィ、ダチョウ、ヌー、ブチハイエナ、それからヒョウにライオン

Photo_11

そして一番印象に残っているのが、ライオンの捕食

初めは『シマウマがかわいそう!』なんて、勝手なことを思っていましたが、

『This is natural.....so beautiful.....』と静かに言ったチャールズの言葉が心に響きました

エンジンを停めると、ライオンの食事の音がリアルに聞こえてきます。

風にのって、血生臭い匂いもしてきました。

オスライオンよりも先に、メスと子供達が食事をしているのに驚きました

オスは少し離れたところで順番待ちをしているようでした。

それからもっと遠く離れたところにはハゲタカが狙っていました。

恐らくハイエナ達も、残骸を狙って遠くから様子を窺っていたでしょう

Photo_12

↑かなりの至近距離です

私達はジープの天井から頭を出して、言葉も無くひたすらジッと見つめていました。

Sunset

そしてこのサンセット。。。

もう言葉なんて必要なかったですね~

わけもなく感動して仕方なかったのを覚えています

Sunset2

そうそう

この旅行のときは、姉に借りた一眼レフで主に撮影しました

ここに載せた写真は自分のデジカメで撮ったものなので、あまり数はありません

一眼レフでの画像を見たい方は、是非遊びにいらしてくださ~い

次回、ケニアの旅つづきます。

もう少々お付き合いください

« 旅log ≪ケニアの巻≫ | トップページ | 気合いと根性? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅log ≪ケニアの巻≫ | トップページ | 気合いと根性? »